高知石灰トピックス

高知石灰ブログ

  • 漆喰のこと
  • 2021年04月23日
自然派しっくい白亜 上手な水練りのコツ


いつも「土佐自然派しっくい白亜」をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

白亜は粉のしっくい製品ですので、水練りする必要がありますが、DIYで水練りする方法は
いくつかあります。一つ目はカクハン機(ハンドミキサー)という電動で回る羽根を使う方法、
二つ目はトロ舟という大型の容器と左官鍬(くわ)を使う方法、
三つ目は3〜5sの少量に分けて中型のバケツなどで、棒や手などで混ぜる方法などがあります。

今回は電動のカクハン機を使う場合の、水練りのコツをお伝えいたします。

画像



全体の流れは上の画像またはPDFでご確認いただければと思います。

重要なポイントとしては、
1.撹拌機のハネは複雑な形状は×、シンプルなプロペラ型のハネがお勧めです。

2.水に粉を入れてすぐ混ぜない。最低でも15分は混ぜずに置く。ある程度水に浸して、
  できれば30分〜1時間以上置く。

3.水練り完了後すぐに塗らない。最低でも1時間、できれば12時間以上置き、練り戻してから塗る。
  翌日でも固まらないのでOKです。


以上の3点のポイントを押さえて頂ければ、よりスムーズな水練り作業になりますし、
仕上がりも良くなります。

ご不明な点は、お電話や問合せフォームからお気軽にご連絡ください。

充分確認していただき、安全第一でDIYを楽しんでください!

画像